取扱商品 < | 木造住宅倒壊の原因 |木造住宅の耐震化  | 接合部の補強金具

重機械 舗装用機械 車両 発電機 コンプレッサー・エアー工具
軽機械 木造住宅接合部補強金具
【木造住宅接合部補強金具】
木造住宅倒壊の原因
過去の地震被害からみる、木造住宅の主な倒壊原因として以下のようなことがみられます。

木造住宅の耐震化
耐震補強種類としては、以下の補強などがあります。
壁補・・・・・・・・・・・・・強耐震診断により壁量が足りないと判断された場合、耐力壁をバランスよく摘格な位置に設置する
屋根の軽量化・・・・・軽量な材質(金属瓦等)の瓦に葺き替えることで、地震時に建物に加わる力を小さくします。
基礎補強・・・・・・・・・高強度繊維である炭酸繊維を用いて基礎コンクリートを補強し耐力強化を図る
劣化箇所の修繕・・・外壁・屋根などの剥がれ、亀裂ずれ等建物の耐力維持に影響を及ぼす劣化箇所を修繕する
接合部の補強・・・・・主要構造部に金物を取り付ける。前述の補強方法と組み合わせて使用します。

接合部の補強金具

品名 サイズ 入数 使用方法
L型メタル AZ 火打ち土台の役割を果たします。
350×350×50o

      t=6
 6セット

 重量:20.7 kg/ケース
L型メタル UZE
300×200×50o

       t=6
 10セット

 重量16.5 kg/ケース
基礎メタル BZ アンカーボルトの役割を果たします。
300×260×65o

       t=2.3
 6セット

 重量:18.9 kg/ケース
つかメタル TP 釘等の簡易的な接合をより緊密に接合する役割を果たします。
235×160o

    t=2.3
 20セット

 重量:14.7 kg/ケース
土台メタル DP 釘等の簡易的な接合をより緊密に接合する役割を果たします。
200×200×75o

    t=2.3

 20セット

重量:13.1 kg/ケース
イーズガード NS-21 柱・土台・基礎を緊結する金物で、ホールダウン金物の役割をはたします。
730×180×120o

       t=5.0

 20セット

 重量:13.5 kg/ケース

|| HOME | 会社案内 | 取扱商品 | お問合せ |           当サイトのご利用にあたって